410億円ボクサーのKOシーンがエグい

映像トピックス 映像トピックス

2018年12月15日(現地時間)、ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチでサウル・カネロ・アルバレスが、ロッキー・フィールディングを3回TKOで下し、3階級制覇を達成。試合前に、動画配信サービスの「DAZN(ダゾーン)」と5年総額3億6500万ドル(約410億円)という前代未聞の大型契約を交したメキシコのスターボクサーは、圧倒的な内容でKO勝利を飾りました。特にフィニッシュとなったボディーブローは、対戦相手がもん絶するほどのエグさです。

関連記事

スポーツ新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツ人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料