ブラジルW杯で導入された最新システム

映像トピックス 映像トピックス

ブラジルW杯2014は、ゴール判定システムやボールなど最新の技術が投入された大会ともなっています。それらの仕組みや製造工程を追った映像です。

YouTube GoalControl-4D Animation ENG - YouTube

各ゴールラインをカメラ7台が監視し解析。毎秒500枚撮影可能なカメラでボールの位置をとらえ、ゴールラインを割ったことが判明したら1秒以内に審判のスマートウォッチへ判定が届けられます。 ※英語の映像

YouTube Adidas Brazuca 2014 FIFA World Cup Official Ball - Production Video... - YouTube

歴代のW杯公式試合球としては最少の6枚のパネルで構成された「ブラズーカ」。通常のボールより接合部分が少ない分、水を吸いにくく耐久性が高いといいます。

その他の掲載サイト World Cup 2014: Vanishing spray could see more free-kick goals... - その他の掲載サイト

引いたラインが1分以内に消える特殊なスプレー「バニシング・スプレー」。開幕戦のブラジル対クロアチア戦で、西村雄一主審が使用したことで話題に挙がっています。 ※英語の映像

公開日 2014年06月16日 19:02

関連映像

関連新着映像

もっと見る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

カテゴリ
上野動物園の赤ちゃんパンダ、生後100日 音声も公開

エンタメ

「すごい映像撮ったぞ! 大賞」いま話題の怖い顔のネコ登場!? 9/27(水)『生き物にサンキュー』&『 VSリアルガチ危険生物』合体3時間SP!!

ネコ・動物

【6回表】ファイターズ・大谷 ピンチを招くも最後は144キロのフォークで三振!! 2017/9/21 F-H

スポーツ

レンジでできた!ニラ団子のピリ辛春雨スープ

知識

山奥で1人パンを作る職人の生活に驚き

おもしろ・びっくり