女子バレーのビデオ判定に敵将は不満顔

映像トピックス 映像トピックス

【0:18~】2018年10月11日、バレーボールの女子世界選手権の2次リーグ最終戦、日本vs.ブラジルのダイジェスト。第1セットの攻防では、判定が覆るシーンがありました。石井のスパイクがアウトの判定になると、中田久美監督がチャレンジを要求。そして、映像で「イン」の判定が表示されると、ブラジルの指揮官は手を広げて何やらアピール。一方の中田監督は表情を崩すことなく、ゲームに集中する姿を見せましたが、試合は惜しくも逆転負けとなってしまいました。(提供元:TBS世界バレー2018)

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料