毎晩10時に悲鳴が響く町が実在する

映像トピックス 映像トピックス

スウェーデンのフログスタという町では、毎晩10時になると住民たちが一斉に大声で叫び出すそう。1970年代から40年以上も続いているこの風習、発端は自殺した学生の弔い、ストレス発散など諸説あるそうです。(情報提供:カラパイア)

公開日 2013年01月18日 17:08

関連映像

関連新着映像

もっと見る

関連人気記事

カテゴリ
大久保が最近気になるマッチョ男性とは

エンタメ

野球部「松井になれ」練習で衝撃の結果

ネコ・動物

ロサリオ選手 糸井選手 ヒーローインタビュー 2018/05/22 T-S

スポーツ

【作り置き】カリッとやみつき!ひじきの梅おかか炒め煮

知識

会話中に妻が…売れない芸人が語る悩み

おもしろ・びっくり