毎晩10時に悲鳴が響く町が実在する

映像トピックス 映像トピックス

スウェーデンのフログスタという町では、毎晩10時になると住民たちが一斉に大声で叫び出すそう。1970年代から40年以上も続いているこの風習、発端は自殺した学生の弔い、ストレス発散など諸説あるそうです。(情報提供:カラパイア)

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料