時速500km相当、浮いて走る鉄道模型

映像トピックス 映像トピックス

タカラトミーが磁力の反発を使って浮上・走行する世界初のミニチュアリニアモーターカーを開発。実物のサイズに換算したスケールスピードで時速500kmを達成。車体が約2mm浮いて走るなんてすごいですね。

公開日 2015年05月29日 11:49

関連映像

関連新着映像

もっと見る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

カテゴリ
橋爪功「妻夫木はきません」と会場沸かす 風吹ジュンらと舞台あいさつ 映画「家族はつらいよ2」公開直前舞台あいさつ1

エンタメ

勝手な親犬に振り回される子犬がけなげ

ネコ・動物

【ショット・オブ・ザ・デイ】ハーレーが絶妙なピッチエンドランでチップインバーディ!

スポーツ

食パンで簡単かわいい♡くるくるラスク | How To Make Rusk

知識

ノンスタイル復帰漫才

おもしろ・びっくり