時速500km相当、浮いて走る鉄道模型

映像トピックス 映像トピックス

タカラトミーが磁力の反発を使って浮上・走行する世界初のミニチュアリニアモーターカーを開発。実物のサイズに換算したスケールスピードで時速500kmを達成。車体が約2mm浮いて走るなんてすごいですね。

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料