73年前の噴火で取り残された教会の今

映像トピックス 映像トピックス

メキシコで1943年2月20日に噴火したパリクティン火山。当時、火山周辺の建物が溶岩に飲み込まれていったなか、約5km離れたこの教会だけが、噴火から73年たった今も当時の姿を残しています。

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料