日本で修行、外国人鍛冶師の刃が美しい

映像トピックス 映像トピックス

18歳の時に日本旅行で鍛冶師に出会い、弟子入りしたマレー・カーターさん。6年の修行後、17代目吉本の名を襲名。そんなカーターさんの作る刃物は、和と洋の美を兼ね備えた鳥肌モノの美しさです。(情報提供:小太郎ぶろぐ)

公開日 2013年11月25日 17:29

関連映像

関連新着映像

もっと見る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

カテゴリ
あの登美丘高校ダンス部と『グレイテスト・ショーマン』がコラボ!

エンタメ

窪田正孝&新井浩文、リアル犬猿の仲?「まったく趣味が合わない」 映画『犬猿』プレミア上映会

ネコ・動物

ゴールまでの演出がすべて美技な芸術弾

スポーツ

こっくり味がしみて旨い!『鶏もも肉と卵の甘酢煮』

知識

新ルール、どこがお得?103万円・130万円・150万円の壁

おもしろ・びっくり