吉岡里帆、脚本家の「自信持って」に涙

映像トピックス 映像トピックス

「2018年エランドール賞」の新人賞に輝いた吉岡里帆。授賞式のスピーチでは少々自虐的で謙虚なコメントに終始し、直後に登場した出演ドラマ「ごめん、愛してる」の脚本家からの叱咤(しった)激励に思わず涙が。

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料