金星上空の衛星都市をNASAが構想中

映像トピックス 映像トピックス

地球から最も近い惑星・金星。非常に過酷な環境の星ながら上空50キロあたりは地球に近いことから、NASA研究チームは金星探査を行うための宇宙飛行士滞在用の飛行船形コロニーを浮かべる構想を練っているそう。(情報提供元:カラパイア)

公開日 2014年12月26日 18:30

関連映像

関連新着映像

もっと見る

関連人気記事

カテゴリ
“働けど働けど”中国、出稼ぎ労働者ドキュメンタリー映画『苦い銭』予告編

エンタメ

電柱に猫。救助に向かうもヒヤヒヤ展開

ネコ・動物

【クラシコ直前!】セルジ・ロベルト(バルセロナMF/スペイン)独占インタビュー

スポーツ

甘辛だれで食べる竜田揚げ

知識

コンビニのひとり鍋が一手間で絶品に

おもしろ・びっくり