韓国の鬼才、悲痛と向き合う自問自答

映像トピックス 映像トピックス

2008年の「悲夢」以来、映画界から遠ざかっていた韓国の鬼才キム・ギドクが、山中の一軒家で隠遁(いんとん)生活を送っていた自らの姿を捉え、カンヌ国際映画祭などで話題になったセルフ・ドキュメンタリー。

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料