余命宣告を受けたアノ絵本作家の死生観

映像トピックス 映像トピックス

1977年の出版以来、人々に愛され続けてきた絵本「100万回生きたねこ」。余命宣告を受けていた、その作者に密着したドキュメンタリー映画の予告編。映画のなかで語られる作者の愛と孤独、そして生と死とは?

公開日 2012年10月31日 18:32

関連映像

関連新着映像

もっと見る

関連人気記事

カテゴリ
シュワ息子パトリック・シュワルツェネッガー、父のセリフ「I ll be back」引用し再来日約束/『ミッドナイト・サン』ジャパンプレミア

エンタメ

東出昌大、初の一人二役。運命の人は2人いた-/映画『寝ても覚めても』予告編

ネコ・動物

那覇市民に那覇と書いてもらったらアレ

スポーツ

中国の屋台フード、チェンピンって知ってる?

知識

瞬間接着剤が開発された理由が意外すぎ

おもしろ・びっくり