処女作が遺作…テロ犠牲者が描いた福島

映像トピックス 映像トピックス

2016年3月22日、ベルギーのテロで命を落とした映画監督ジル・ローラン。初監督作品にして遺作となった「残された大地」は、彼が出会った「福島を思い、福島とともに生きる家族」を描いた作品です。(提供元:ORICON NEWS)

公開日 2017年01月27日 13:27

関連映像

関連新着映像

もっと見る

関連人気記事

カテゴリ
寺島しのぶもメロメロ!ジョシュ・ハートネットよりコメント映画『オー・ルーシー!』コメント映像

エンタメ

「あっ!」目が合った瞬間のネコの行動

ネコ・動物

4/24 ファイターズ対バファローズ ダイジェスト

スポーツ

食欲そそる香り♡『ドライカレー』

知識

何があった…街を走る車が百度見レベル

おもしろ・びっくり