処女作が遺作…テロ犠牲者が描いた福島

映像トピックス 映像トピックス

2016年3月22日、ベルギーのテロで命を落とした映画監督ジル・ローラン。初監督作品にして遺作となった「残された大地」は、彼が出会った「福島を思い、福島とともに生きる家族」を描いた作品です。(提供元:ORICON NEWS)

公開日 2017年01月27日 13:27

関連映像

関連新着映像

もっと見る

関連人気記事

カテゴリ
海外ドラマ「クワンティコ」をトランプ大統領の娘が紹介?! ガオガオGYAO!

エンタメ

犬でロデオ!結構リアル ホッとひと息TV #486

ネコ・動物

BMWを配達しファンの夢を叶えたマキロイ ピックスポーツ

スポーツ

さきどりBose #35 (3)子供に片付け方を教える方法

知識

評価額5500万円、米国のマッチョ犬

おもしろ・びっくり