処女作が遺作…テロ犠牲者が描いた福島

映像トピックス 映像トピックス

2016年3月22日、ベルギーのテロで命を落とした映画監督ジル・ローラン。初監督作品にして遺作となった「残された大地」は、彼が出会った「福島を思い、福島とともに生きる家族」を描いた作品です。(提供元:ORICON NEWS)

公開日 2017年01月27日 13:27

関連映像

関連新着映像

もっと見る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

カテゴリ
美女だらけ&なんでも0円の村があった

エンタメ

テンションが高すぎる犬と低すぎる犬

ネコ・動物

諦めなかったナダルのダウンザラインにうなだれるシュワルツマン/4回戦 全豪オープンテニス2018

スポーツ

ぽっかぽか!牛肉のキムチ鍋

知識

川島永嗣「一発レッドカード」に不満顔

おもしろ・びっくり