「メキシコのキャビア」は虫の卵だった

映像トピックス 映像トピックス

メキシコ、グアナフアト州で3月と4月にのみ収穫されるあるアリの卵が、その貴重さから「メキシコのキャビア」と呼ばれているそう。食べるのを楽しみにしている人も多いといいます。味が気になります……。(提供元:Ruptly TV)

公開日 2016年05月02日 14:00

関連映像

関連新着映像

もっと見る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

カテゴリ
伝説の殺し屋はコース料理のように、銃器を味わう!!/映画『ジョン・ウィック:チャプター2』特別映像

エンタメ

フクロウと仲良しの猫、母になっていた

ネコ・動物

ミケルソンが10メートル近いパットを決めてバーディフィニッシュ!

スポーツ

捏ねない!フライパンで簡単♪「とろけるドーナツ」

知識

馴染みのない外国料理店のナニモン!?

おもしろ・びっくり