「もう一度気仙沼で…」すし職人の思い

映像トピックス 映像トピックス

東日本大震災後、腕一本で全国各地ですしを握ってきた「流され寿司(すし)握り屋衆」。職人にはもう一度「気仙沼で握りたい」という思いがありました。かつて流された店をふたたびオープンするための活動に密着。

関連記事

関連新着記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

GYAO!ストアのイチオシ番組有料