「もう一度気仙沼で…」すし職人の思い

映像トピックス 映像トピックス

東日本大震災後、腕一本で全国各地ですしを握ってきた「流され寿司(すし)握り屋衆」。職人にはもう一度「気仙沼で握りたい」という思いがありました。かつて流された店をふたたびオープンするための活動に密着。

公開日 2014年03月07日 18:08

関連映像

関連新着映像

もっと見る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

関連人気記事

カテゴリ
世界で一番有名で愛されているいたずらうさぎ/映画『ピーターラビット』特報

エンタメ

足が麻痺した犬に 第二の人生 を 車椅子で犬が笑顔を取り戻す

ネコ・動物

【球団史上最長!!】15thスペシャルムービー「いちばん青い空にしよう。」【WEB先行公開】

スポーツ

食材の味が生きる!『れんこんと豚肉のてりてり煮』

知識

ミスター押忍 空手全国大会出場!! その結末とは!? 1/24(水)『水曜日のダウンタウン』

おもしろ・びっくり